爪水虫 治療

塗り薬だけで可能な爪水虫治療

爪水虫が塗り薬のみで根治できるようになりました。

それまでは、ラミシール内服薬を用いる方法が行われてきましたが、同時に副作用などのリスクも伴います。

ラミシール内服薬は、白癬菌に対して殺菌作用に優れた抗真菌薬である分だけ、ヒトの体にとっても有害性の強い薬で肝臓にも負担をかけてしまうのです。

また、妊娠中や肝臓疾患がある場合は禁忌であるように、何かと使用が適さない状況があるだけでなく、肝機能の低下、飲酒などによる効果の半減など、健康状態によっては、効き目があまり感じられない場合も考えられます。

それでも、ラミシール内服薬が主に処方されてきたのは、爪水虫を直接殺菌出来る成分が無かったからです。

それもDr.G'sクリアネイルのお陰で可能となりました。
硬い爪の上から浸透する成分を配合し、爪水虫(白癬菌)を直に殺菌できる塗り薬です。

  • 「本当にそんな風に治療が可能なの?」
  • 「どう浸透するのかイメージできない…」
  • 「結局、長くかかるんじゃないの?」

このような疑問も抱くのは、当然です。

実際に、どのくらいの治療効果があるのか確認したい場合は、実際に使用した方の感想などを参考にすると必要かどうか判断しやすくなると思います。

また、海外では市販薬として取り扱われている程、広く浸透している薬ですが、日本での需要が増えるにつれて偽造品も増えているようなので注意して下さい。

>>正規品クリアネイル取扱い詳細・購入はこちら

有効成分がじっくり浸透し殺菌する

「爪の内側に潜む白癬菌をどうやって殺菌するの?」

Dr.G's クリアネイルは、有効成分トルナフタートが硬い爪組織の上から塗っても爪の内部へ浸透し、白癬菌を殺菌する働きがあります。

また、ノンアルコールなので薬剤を爪の上に塗布しておけばじっくりと成分が爪表面から内部へと入り込むのも特徴です。

「浸透力が有っても殺菌力は有るの?」

この点も問題ありません。
トルナフタートは、チオカルバミン系の抗真菌活性を持つ薬剤成分で、皮膚真菌症に有効です。特に、白癬菌に対し強い抗菌作用がある為、爪水虫治療に最適です。

この強い殺菌作用により、大体2週間~3週間で症状に変化が現れ、4ヶ月~6ヶ月後には完治できる見込みがあります。

クリアネイルは外用薬なので、ラミシール内服薬のように肝臓へのリスクや肝機能が衰えていても使用可能です。抗真菌薬のように内服による副作用の心配も無く、病院に定期的に通院する必要も無いという安全で手軽な治療方法です。

手軽に取り組めるオリジナル治療法も併用可能

薬を使わないケアでも爪水虫を治療できる方法も色々とあるようです。
オリジナル治療法で意識すべき事は、清潔感を保つ・湿った状態にしないという日ごろからの予防対策。そして、熱を用いた殺菌です。

クリアネイルとの併用や完治後の予防にも、抑えておいて損はありません。

まず、爪水虫の原因である白癬菌は、湿度70%、温度15℃~20℃で活性化して感染力を強めると言われています。

オフィスワークの場合は、デスクでは蒸れやすい革靴からサンダルに履き替えたり、靴下を予備に持っていったり、5本指ソックスなども予防には効果的です。

女性の場合は、靴下よりもストッキングを履くだけという事も多くなりますが、その分感染リスクを高めることになります。

ストッキングは、薄くて網目状なので通気が良い印象を持つかもしれませんが、保温効果を高める目的もあり、そこまで通気の良いものではありません。

しかも、湿気が吸収されにくいのでどうしても蒸れるのが白癬菌には好都合。

夏場は、環境により気温や湿度が高く、冬場は、ブーツを履く機会が増えることで、通勤・帰宅時の足の蒸れというように、会社生活に白癬菌感染リスクが付きまとうので要注意です。

白癬菌は熱に弱いから足湯も効果的?

白癬菌をはじめとする真菌類には、活動が盛んになる温度帯というものがあるそうです。

それ以下の温度になると活動を休止したり、それ以上の温度になると死滅してしまうというのも特徴です。

熱による処置は爪水虫の治療に効果的です。
オススメなのが、熱湯の足湯を毎日行う方法です。

温度は、40℃以上が必要となり、できる事なら45℃位まで高くすれば、その分、菌の死滅割合も多くする事ができます。ただし、皮膚が薄いなどの許容範囲がある為、温度設定には十分注意しなくてはなりません。

~こぼれ話~

実際に、熱い風呂に入るのが好きで毎日42℃~43℃位の湯船に浸かる習慣があった人の中で爪水虫が治っていたという話がありました。しかし、基本的に自然治癒で治らないのが爪水虫なので過信は禁物です。

熱を与える他の方法として、ローソクの蝋を患部に垂らすことで一定の加熱効果があったり、熱と乾燥を同時に行えるドライヤーという方法もありますが、あくまでもオリジナルの荒療治。自己責任で行ってください。

これらと比べても、塗るだけで爪白癬を殺菌してくれるDr.G's クリアネイルの方が手間も苦痛もありません。

>>正規品クリアネイル取扱い詳細・購入はこちら

爪水虫が自然治癒できない理由

それは、白癬菌の居る皮膚の場所が関係しています。

感染した白癬菌は皮膚の角質層に入り込みます。ここは、白血球が到達できない場所なので、体の免疫機能を使って白癬菌を撃退できないのです。

また、白癬菌は細胞の新陳代謝よりも早いスピードで増殖するので、外側へ追い出す事もできません。

水虫菌の患者は、日本全国で推定2.500万人と言われていて、爪水虫の患者は、1,200万人と言われていますので、これだけの人口が感染しているという状況を考えても、感染しやすく治しにくい感染病であるという事がわかります。

内服薬には「肝炎」「肝機能障害」などの副作用をもたらす

冒頭でも触れたように、爪水虫の内服薬で病院でも処方されるラミシール内服薬は、殺菌力が強い分、体への負担も大きなものがあります。

中でも肝炎や肝機能障害といった肝臓への副作用が強くありますが、それ以外にも、頭痛や動悸に悩まされる場合もあるようです。

その為、ラミシール内服薬を使用する場合は、血液検査が必須。
飲酒習慣が効果に影響したり、妊娠中は服用は禁忌となります。

その上、結局、完治に半年程度の時間が必要なので、副作用の危険を伴う薬を使い続けるのは得策ではありません。

爪水虫治療は早めに取り組まないと後々が悲惨

白癬菌の特徴は、感染しやすく治りにくい所です。

皮膚や爪の裏側の組織内部に入り込み、そこで増殖を繰り返します。すると、組織が壊死してしまってボロボロに剥がれ落ちたり、ひどい時には、爪が生えてこなくなる事もあります。

爪水虫の感染を放っておくと、いずれ爪が生えてこない事で歩くのが困難になる事も稀に起こるのですが、爪が凹凸になってしまうケースが良く有ります。

また、爪水虫のボロボロと剥がれ落ちた角質の中で、白癬菌は数日間生き延びる事ができるので、その角質が別の人の足に付着したら、そこから感染が広がるというようなことも起こりうるのです。

「まあ、その内良くなるだろうから」と治療を怠っていると、案の定悪化。
その後は、更に手間のかかるケアを行いながらの生活。角質に潜んだ白癬菌からの再感染を防ぐ為に掃除もまめに行わなくてはなりません。

判断を遅らせると後々大変な事になるので気をつけましょう。

水虫からの感染が全体の9割

感染経路の大半が本人の水虫。
全体の9割が水虫から感染するケースと言われていてるので、高確率で水虫→爪水虫という段階を踏んでいる事になります。

爪水虫だけでなく根本原因の水虫を完治しない限り、再感染のリスクが残るのです。

その為、クリアネイルで爪水虫治療に取り掛かると同時に、水虫対策が必要となります。

この時、水虫の殺菌に効果的なのは、クリアネイルよりもラミシールATクリームです。

ラミシールには、塗り薬タイプもありこれをクリアネイルと併用する事で、より効率的に足指に潜む白癬菌を撃退する事が可能です。

クリアネイルで爪のケアを行いつつ、ラミシール外用薬で皮膚の水虫を退治する。
抗真菌剤の中でも殺菌力にすぐれているのはラミシールですので、外用薬として用いる場合には、その効果を十分に実感できると思います。

より効果的な早期治療ならこちら

Dr.G's クリアネイルとラミシール外用薬をダブルで使用する事により、足白癬を効果的に撃退する事ができますが、更に高い治療効果を望むなら、チモールリキッドの併用も有効です。

チモールとは、シソ科ジャコウ草などに含まれる殺菌作用のある成分の一つで、チモールを含んだハーブは、4,000年以上も前よりスパイスとして使用されてきました。

食品の中に潜む細菌やウイルスの殺菌に優れた働きがあるという事です。

チモールリキッドは、薬液を爪と皮膚の間へと垂らす事で、爪の裏側から浸透し白癬菌を撃退してくれます。

また、アルコールを含んだ薬液なので、浸透力にもすぐれています。

もしも、1日でも早い完治を希望するなら、Dr.G's クリアネイル+ラミシール、そして、チモールリキッドの3つを同時に併用する事により完全撃退が可能です。

また、これらの薬の併用は、使用する部位が異なりますので特に問題はありませんし、これらに殺菌力の高いティーツリーオイル配合のファンガソープを加えた”爪水虫完治セット”として販売されているので、より良い治療効果を実感できるようになれると思います。