爪の健康にはビオチンが有効

爪の成長に必要な成分

皮膚のケアを考えるならビオチンをサプリメントなどで摂取する事も大切です。ビオチンがどんな役割を持っているのかについて、効果を解説しておきたいと思います。

ビオチンは、水溶性で硫黄を含む成分でビタミンBコンプレックスの一つです。ビタミンB群には、脂質や糖質などの代謝を助ける働きがありますので、新陳代謝を促す働きを持つ成分の一つだという事がわかります。

主な効能は、白髪や抜け毛を予防・改善する働き、湿疹・皮膚炎などの皮膚症状を緩和するなど、髪の毛や皮膚にとって欠かせない成分です。
更に、爪を丈夫にする働きがあります。

身体を守る代謝の早い組織にとって必要な栄養成分なのです。
この働きが爪水虫及び水虫治療における症状の早期回復にも有効に働いてくれる為、爪水虫完治セットに含まれています。

ビオチンの一日の摂取量は、45μg程度が良いと言われていますが、普段の食事でも摂取する事が可能です。

特に、牛のレバーや卵黄、大豆、牛乳、ピーナッツバターなど、身近な食材にも多く含まれているので、日ごろの食生活での不足分を補うようにするという使い方が良いと思います。

不足する事で皮膚炎や脱毛の症状を引き起こす事がありますが、多く摂取する分には特に問題ありません。
また、水溶性ビタミンなので、体内で使用されなかった分は、尿として排出されるので、毎日安定した量を摂取する事が効果的です。

爪水虫治療における皮膚の状態を一日でも早く良くするための栄養摂取として、取り入れてみるのも良いと思います。