内服薬を入手するには?

病院以外での入手(個人輸入)は十分に考慮した上で

ラミシールやイトリゾールは、市販されている水虫の塗り薬によく配合されている成分です。抗真菌作用を持っているため、水虫の原因で、同じ真菌の部類に属する白癬菌を殺菌してくれる働きがあります。

しかし、ラミシールやイトリゾール配合の塗り薬となると、爪水虫には効かないそうです。

なぜなら、それらの塗り薬の浸透力は、あまり高くないため、固い爪に阻まれて、抗真菌作用をもたらすことができないからです。

水虫と同じ白癬菌が原因である爪水虫ですが、成分が届かないから意味が無いのです。
このように、身体の外側からダメなら、内側から行くしかないため、飲み薬タイプのラミシールやイトリゾールを使う必要があるみたいです。

しかし、そうした飲み薬タイプの抗真菌薬は、薬事法でドラッグストア等には置けない関係上、病院で処方してもらうしかありません。ちなみに、個人輸入でラミシール錠やイトリゾール錠を買うと、値段は普通の3~4分の1で済むので、費用は安く抑えられますが、実際はあまり推奨されないそうです。

もしも、内服薬での治療を考えていて、薬価の安い個人輸入を利用する場合は、すべて自己責任である事を理解すると同時に、輸入代行業者も信頼できるところを見つけなくてはなりません。

それでも、日本では処方箋薬という扱いなので、くれぐれも慎重な決断が必要です。
本来それらの抗真菌薬の使用前には、安全のために医師の診察や血液検査を受ける必要があります。となると、患部が爪というだけで、一気に面倒な事となります。

そんな内服薬での治療が必要になってからでも、クリアネイルやチモールリキッド、更には、原因である水虫対策の為にラミシールATクリームを使用する方法の方が、内服薬の購入に気をもむ必要もなくなり安心して治療に臨めると思います。