爪水虫の治療を促進するには?

トータルで追い込み殺菌するのが効果的です

爪水虫に、水虫の塗り薬(ラミシールATクリーム)は使えないというか、単体では効き目を期待できません。

なぜなら、硬い爪に阻まれて、抗真菌成分が患部に届かないからです。そのため、皮膚科に行って、内服タイプの抗真菌薬をもらうのが一般的でした。しかし、これだと2~4週間に1回程の頻度で通院が必要になるため、かなり手間がかかります。

そうかと言って、個人輸入で内服タイプの抗真菌薬を入手するのも、ちょっと躊躇われます。通常なら、飲む前に色々と医師の診察や血液検査が必要ですから。

内服薬でも比較的安全なものであれば、そこまで気にしなくても良いのかもしれませんが、抗菌薬、抗真菌薬、抗生物質などは、体内の細菌やウイルスをダイレクトに殺す働きのあるものなので副作用を心配します。

こんな時、病院で内服タイプの抗真菌薬をもらうよりも簡単で、かつ安心な治療薬がないか探してみてクリアネイルにたどり着いたという場合も少なくないと思います。

クリアネイルは、タイプとしては塗り薬です。
ですが、抗真菌成分であるトルナフタートの浸透力がとても高いため、爪の上から塗っても患部にちゃんと届く事が可能。しかも、マニキュアの上から塗っても問題無いため、女性の間でも高い人気を誇っているそうです。

つけ爪の上からでも浸透し内部の菌を殺菌する働きをコンセプトとなっていて、元々は、つけ爪をつける女性に多いグリーンネイルが製品開発のヒントとなっていたようです。

値段は、18ml入りで5,000円程なので、ちょっと高いようにも思えますが、1回買えば2~3か月は使えるため、皮膚科に頼る場合よりもかなり安く済むのではないでしょうか。

更に加えて、殺菌力の高いチモールリキッドによる併用ケアを行うと治療効果を引き上げます。また、単体では、効き目の期待できないラミシールATクリームも水虫の併用ケアとして用いることで、足に生息する白癬菌を一網打尽にする有効な手段となってくれます。