副作用の心配が無い外用治療

内服薬だと肝機能障害以外にも注意が必要

爪水虫の治療薬としては、ラミシールやイトリゾールなどの、抗真菌成分が挙げられます。ここまでは、普通の水虫と同じなのですが、残念ながら塗り薬ではダメなので、飲み薬を使うというのが日本の医者の定説です。

なぜ塗り薬ではダメなのかと言うと、硬い爪のせいで全然、抗真菌成分が患部に届かないという事から、水虫治療に用いられる外用薬”ラミシールATクリーム”では、到底殺菌できないからです。

また、内服薬のラミシール錠のような処方箋薬(飲み薬タイプの抗真菌薬)は、自分だけでは買えないため、病院の診察を受けて処方してもらう必要があります。これだけでも面倒ですが、それに加えて、飲み薬タイプの抗真菌薬には、ちょっと心配な点もあります。
それは、副作用。

なんでも、長期間に渡り飲み続けていると、肝臓に負担がかかってしまうそうなんです。内臓への副作用となると、心配がつきまといます。

また、内服薬を用いると、その後再感染しても症状が抑えられるとも言われていますが、これは、ラミシールの成分が体内に残留している可能性があり、いずれにしても、身体にとって良い事ではありません。

対する、外用薬のこのクリアネイルは、他の抗真菌薬の塗り薬とは比べものにならない程の浸透力を誇るため、爪の上から塗ってもちゃんと改善効果が見込める点が人気の理由となっています。

また、アメリカでは市販薬として販売されているので、個人輸入でも割と手軽に購入できる点、外用薬なので何かトラブルが生じる心配ほぼ無いため、日本でも利用している人が増えてきているのは確かです。