チモールリキッド併用のメリット

爪水虫の完治だけならチモールリキッドとの併用が人気

海外には、日本で未発売ながら優れた抗真菌薬が存在します。その一つがチモールリキッドです。
爪水虫が重症の場合、より早く治療したいという場合にはこちらが有効です。

爪水虫がまだ軽症の場合であれば、クリアネイルのみでも問題ありません。チモールリキッドとの効き目の差でも、クリアネイルの有効成分であるトルナフタートの方が効果的と評判です。

一方、チモールリキッドの優れているところは、爪の変色や肥厚に対しても効果的であり、尚且つ、爪と皮膚の間の白癬菌の増殖抑制への有効性です。
チモールリキッドで増殖を抑え込み、クリアネイルで殺菌という流れで、より早い爪水虫の完治が可能です。

チモールは、シソ科ジャコウ草などに含まれる殺菌作用の高い成分で、数あるハーブの中でも、最も抗菌力に優れていると言われています。
たんぱく質を凝固・変性する働きにより、菌の増殖を止める事による殺菌をする事が可能と言われています。

これだけ爪水虫への殺菌作用があるにも関わらず、現時点では、日本では未発売の医薬品なので、使ってみたいという場合は、海外から取り寄せなくてはなりません。

こういった医薬品を海外から取り寄せる場合、厚生労働省で認可されていなくても、本人が使用する場合は輸入が許可されていますので、特にトラブル等の心配もありませんし、取り扱っているビューティーアンドヘルスリサーチでは、そういった海外製品を国内に流通する窓口となってくれます。