爪水虫の概要と発症率

白癬菌感染症の5人に1人が爪水虫

爪水虫というのは、白癬菌が爪内部へと進行して引きここされる症状で、爪の肥厚、変色が起こります。頻度は、白癬菌感染症全体の20%程度です。白癬菌に感染すると、5人に一人が爪水虫を発症する事になります。

正式名称は、爪白癬と呼び、足白癬、手白癬が進行する事で引き起こされる場合が多いので、白癬菌に感染した場合は、早めに治療しなければ、次第に爪水虫感染リスクが高くなってしまいます。

白癬菌患者の中での割合は、2割程度ですが、自身の持っている白癬菌が進行して発症するケースが、全体の9割程度とも言われている程です。
このように、白癬菌はしぶとい細菌であり、自然に消滅してくれる事はほとんどありません。

爪水虫は、足の爪に起こる事がほとんどですが、手の爪に起こる事もあります。複数の病型があるのですが、最も多いのは、爪の先端部が白色から黄色に濁って、爪の下の角質部分が分厚くもろくなるというものです。

このような爪水虫の症状を”遠位爪下型(えんいそうかがた)”と呼びます。

爪水虫の検査は、顕微鏡で直接行いますが、爪は皮膚と違い原因菌を見つけにくい点、菌の形態が判定しにくい事も多く、検査にも手間がかかってしまいます。

治療は、ラミシール、もしくは、イトラコナゾールの内服で行いますが、これらは、長期で安定して改善されるのか。それとも、短期間に勝負をかけるのかで服用する薬が異なります。

その点、Dr.Gクリアネリルであれば、外用薬のみでの治療なので、内服のリスクも治療方法に左右される必要も無く、直接殺菌する事が可能です。