爪水虫の治療は冬場が最適?

白癬菌の活動の少ない冬場から処置を開始しておくと良い

爪水虫の感染ピークは夏場ですが、この時に治療しようと思っても中々簡単に治らないものですよね。それもそのはず、白癬菌が活性化している夏場の高温多湿の状態では、治療薬の効き目も弱くなってしまいますから。

弱くなるというか、薬自体の効き目は変わりませんが白癬菌の活動が活発になっているので、相対的に薬が効きにくくなってしまいます。

それでは中々治すことができません。

そんな爪水虫も冬場の活動が抑えられている時であれば、治療しやすくなります。気温も低く空気も乾燥している冬場は、白癬菌などの細菌類には、活動が停滞する時期です。その弱った時期に薬を使えば、その分、相対的に効き目が強くなります。

ですが、冬場になって、水虫や爪水虫の症状が抑えられてくると、何となく治療の必要性もないのかなと感じてしまいがちです。中にはそのまま治るのではないかと思ってしまうかもしれません。

そうやって治療を怠ってしまっていると、再び夏が訪れて高温多湿の状態になり、白癬菌の活動が活発になれば、更に悪化してしまう恐れもあります。

どこかで集中して治療しなければ結局直すことができず、足の爪もボロボロの状態となってしまいかねません。そんな爪のままで素足になったり、サンダルで外出する時などは、人目が気になってしまうなんてことも考えられます。

爪水虫を浮遊の内に治療しておくにはもう一つ理由があります。
それは爪が生え変わるまで、半年程度の時間が最低でも必要となってくるからです。

白癬菌に侵されたボロボロの爪が全て取り除かれ、新しい爪に生え変わるまで半年となると、裸足でいることも多くなる夏に間に合わせる為には、その半年前に遡って治療することでぎりぎり間に合うかもしれません。

それでもぎりぎりかもしれないので、出来るなら前の年の秋口くらいから、夏場に治しきれなかった爪水虫の治療を開始しておくのが最適なタイミングです。

もちろん、爪水虫になっていることを確認したら、季節など関係なく、すぐに治療を開始すればそれに越したことはありませんが、いつから開始しようかと中々踏ん切りが効かない場合は、完全に治って欲しい時期を想定し半年程度の時間を逆算して治療を開始すると、間に合うようになると思います。